アバルト595 レーダー取付

こんにちは、GARAGE FLOW の今野です。


FIATアバルト595に、レーター探知機をインストールしました。

レーダーは、ユピテル指定店専用モデル プレミアムレーダー探知機のZ995Csdです。

(Z995Csdの製品詳細は、コチラをクリック




アンテナは、ドライバーの視界に入らず、受信感度のいい ミラー裏側へ

どんな製品でも、配線が露出していると鬱陶しくなりませんか?

そこで 目障りなアンテナコードは ミラーカバーの中へ隠します。






ルームミラーカバー下端の、小さなカバーを加工して配線出口を作ります。

上:Before、下:After

車体への加工は、最小限に。





GPSアンテナ設置完了です。

ルームミラーの可動に支障なし、配線露出は最小限、車外からはコードの存在にさえ気付きません。




当然、運転中にアンテナやコードの存在を感じることは一切ありません。(左ハンドル車です)


ルームミラー右上の平たいユニットは、ディーラーオプションのドライブレコーダーです。






レーダー探知機のスピーカーは、運転席シートベルト付近埋め込み。





耳元で音が鳴るので警告音を聞き逃さず、見た目の存在感は一切ありません。




ディスプレイユニットは、フロントウィンドウの視認性を極力犠牲にしません。







ちなみに・・・





ABARTH595 や FIAT500 で OBDⅡ付近にポケットがある車両は、オプションのOBDⅡ接続アダプターを使用すると パネルが閉まらなくなります。

ハンドル右下にポケットがあるタイプ(下記は右ハンドルの別車両)




上記写真のような状態でOBDⅡ接続ユニットを刺すと、ポケット底部が干渉してパネルが収まりません。





ポケット付き車の場合はOBDⅡカプラーを外しますが、無理にこじると二度と元に戻せなくなります。

慎重かつスマートに、OBDカプラーを外します。

もちろん、純正戻しも可能です。



パネルと干渉しないよう、OBDⅡアダプターを取り付け。





レーダー警告音は聞き取りやすく、ディスプレイは視界を遮らず、アンテナや配線類は見えない場所でしっかり働く。


そんなシークレットインストール、気に入っていただけると嬉しいです。



********************************************************
静岡県伊豆の国市南條698-43
TEL & FAX : 055-957-0150
Mail:info@garage-flow.com
GARAGE FLOW
********************************************************




GARAGE FLOW

SIMPLE & COMFORT