ボディーアースの重要性

こんにちは、いかがお過ごしですか? GARAGE FLOW の今野です。


今回は アースについてのお話です。


自動車に使われる電気は、乾電池と同じ直流で プラス・マイナスの極性は常に固定です。
乾電池を入れる時、プラス・マイナスの向きを間違えないように入れるでしょ?

直流の反対は交流、家庭用のコンセントが交流です。コンセントを挿す時、プラス・マイナスの極性は気にしませんよね?



というわけで、車の電気は直流です。



そして車の場合、マイナス極を流れる電流は、車体の金属部分を通してバッテリーに戻してあげるのが原則です。(ボディーアースやグラウンドアースなどと呼ばれます)

これは車内配線を少なくすることを主目的としているので、一般家庭における漏電対策のアースとは趣旨が異なります。



ここまでが前置き、自動車電装の基本的な部分です。

この前提をご理解いただかなければ、この先の話ができません。




下の写真は、車体の純正アースポイントに共締めしてアースを取っている例。

いつもこのように純正アースポイントに接続できれば良いのですが、状況によっては純正アースポイントに接続できない場合もあります。




その場合は車体の金属部分に接続してボディーアースを取りますが、塗料は絶縁体なので 塗装部分は電気が通りません。

上の赤丸部分は 完全な塗装部分ではなく粉末状塗装のため、導通はありますが電気抵抗があります。



アース接続部分の塗装を剥がして、金属をしっかり露出させてからアースを接続します。



自動車電装において、アース不良は 電装品の正常動作を妨げます。

カーセキュリティで不可解な動きをする場合などは、アース不良を疑います。




こういう見えない部分をしっかり施工することが、電装品の安定動作につながります。




********************************************************
静岡県伊豆の国市南條698-43
TEL & FAX : 055-957-0150
Mail:info@garage-flow.com
OPEN:10:00〜19:00 不定休
GARAGE FLOW
********************************************************

GARAGE FLOW

SIMPLE & COMFORT