カーセキュリティ(40系アルファード)

静岡県東部からお越しのN様、トヨタ 40 アルファードに カーセキュリティ(パンテーラZ706Author キーレスブロックココセコム、CANインベーダー対策など)をインストールしました。



(お客様の承諾をいただいて掲載しています)






盗難対策が必須とも言える 新型アルファード(40系)に 各種カーセキュリティをインストールしたのですが、今回 メインに据えたのは パンテーラの最上級機種 Z706 です。



ユピテル Panthera(パンテーラ) の特徴は? と聞かれたら、普通はアンサーバックリモコンや2ポイントイモビライザーが挙げられますが、プロ目線でいいなと思うのは「アルゴリズムが組める」という点です。



カーセキュリティの防犯性能を、ざっくり分類すると
① イモビライザー(乗り逃げ防止機能)
② トリガー(ドア・トランク開放など、車両信号から取得する情報)
③ センサー(衝撃・傾斜センサーなど、後付けデバイスによる検知)

という段階に分類できます。


全部説明しきれないので 今回は③の話題だけに留めますが、詳しく知りたい方は  メールフォームから お問合せ下さい。





カーセキュリティの導入を考える時、多くの方が懸念するトラブルは 誤報 だと思いますが、その多くは ③センサーによる 誤検知です。


パンテーラ は、複数のセンサーを組み合わせて、

・Aセンサが反応 and Bセンサも反応 = 異常発生
・Aセンサが反応 but Bセンサは無反応 = 異常ではない
・Bセンサが反応 but Aセンサは無反応 = 異常ではない

といった論理和が組めるので ソフトウェア的な条件指定が可能、複数センサーで判断する分 誤報を減らすことができます。


さらに、最上位機種の Z706 は マイクロ波(接近検知)センサを備えていて、[近くに 人が居る or 居ない] という条件指定で、他センサの感度を指定することができます。





KeylessBlock は、純正スマートキーが常に発している電波を 車両側がシャットアウトすることで、リレーアタックによる車両侵入を 未然に防ぐことができます。

上記のパンテーラだけでも リレーアタックに対応できるよう施工していますが「未然に」というのがポイントで「なるべく被害を少なくしたい」という意向に基づいています。



どのセキュリティでも同様ですが、冒頭でお伝えした①〜③の段階分けを お城に例えると
① イモビライザー:本丸
② トリガー:二の丸
③ センサー:三の丸

という階層に似ています。


まずは ①本丸御殿が堅牢であること、

つぎに ②本丸を取り囲む二の丸が 本丸まで踏破させないこと、
その前に ③三の丸が 早めの排除を実現すること。


この思想が本末転倒で、煌びやかな装飾 や 見栄えだけ を立派にする「見掛け倒し」を作ってしまうと、費用が高いくせに 容易く落城してしまいます。




ココセコム は、お城に例えると 忍者でしょうか。

万一、財宝(愛車)を奪われても、忍びの者(ココセコム)が どこまでもひっそりと着いてきて、仲間(セコム警備員)が集まったところで 愛車を奪還する。





もとより、難攻不落な築城を目指すのが「本物の」カーセキュリティ屋です。

忍者の出番はないと思いますが、当店では ほぼ全てのカーセキュリティ施工において 攻略不可能な要塞に仕上げています。